お金がない時に限って

先月、何も考えずに買い物をしました。何か考えればよかった。
支払い請求書を見て、びっくりでした。給料をもらったばかりなのに、もう、これから先のことが見えている。
とりあえず、ブログ記事で紹介していたお金をどうにかする方法を試すことに。
>>即金の作り方
まずは極力、買い物に行かないことにしました。食費は、どうにかなりそうなので、良かった。まずは、冷蔵庫、冷凍庫、棚の中にあるもので、何とかしようと思った。この食材で何かできそう、そうだ、こういうときに、節約食材の本が、本屋さんにあったっけ!?やばいやばい、本を買おうとしている私、そもそもお金がないのに、何をしようとしてるんだか。
それから、子供たちのノート、縄跳び、赤色鉛筆。
これは、ポイントを使って購入できました。よしよし、この調子で頑張ろう。何とか、節約生活をしていると、ものが減ってきました。なので、片付けを頑張ることにすると、いろんなところから、いろんなものがでてきました。これって、フリマアプリで売れるかも、と調べてみると、想像以上の値段で取引されていて、考えるだけなのに、もう、売れたお金で次何を買おうかと考えている私がいました。駄目だ、駄目だ、こんなんじゃ金欠から一生解放されないかもしれない。
次は、上着類を片付けることにしました。コートのポケットをあさると、小銭が出てきた。お金がない時ほど、お金を使いたくなるのは、なぜなんだろう。
金欠を通して、我慢をする大切さ、整理整頓の大切さを学びました。金欠で、部屋がすっきり。悪いことだけではないな。と思いながら、そっと、その小銭を貯金箱へ入れました。